荒金さんのCDを聴いて【武田様より頂いた感想のお手紙より】

 自分の生き様を、感じさせられました。荒金さんは、自分でも
 言われていましたが、「私は人に恵まれていました。」と。
 それは、彼女のこれまでの生きて来られた道、又は、仕事に
 対する姿勢が、人々を突き動かしたのだと思います。

 そして、患者の側に立って、看護士をしていた以前の自分の
 姿を、客観的に見られ、「何をしてきた?何もしてきていないじ
 ゃないの。」と自問自答されている姿に、私も、自分を振り返って、
 「うん。うん。」と頷いていました。

 私も病を告げられた時、自分の歩いてきた道をみつめました。
 後悔しました。もう一度頑張って、生かして頂き、自分らしく
 生きよう。と誓っています。

 「絶対に、諦めない!」

 詳しい内容につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。
 

おすすめの記事