タヒボについて、勉強する日々が続いております。

今回の謎は、タヒボNFD ニューティーバッグ の煎じ方について。

お客様から タヒボNFD ニューティーバッグ についてお問合せがあり、先輩が
「水1リットルにティーバッグ1包を入れて煮だします。沸騰したら弱火にして30分、蓋はしてくださいね。30分経ったらティーバッグは必ず取り出してください」と説明されていました。

なぜ「必ず蓋をして、さらに30分以上置いておいたらいけない」のでしょう?
「蓋をするほうが、茶葉からの有効成分が効率よく抽出できるの。茶葉は30分以上置いておいたら、抽出された有効成分が茶殻に戻ってしまう。それは紅茶や日本茶も一緒で、袋とかに書かれている抽出時間はちゃんと守ったほうがいいんだよ。それと、タヒボのティーバッグは30分を超えて加熱すると、袋が破れやすいんだよね」とのこと。
なるほど~、置けば置くほどいいと思っていましたが、抽出物は一定の時間が経つと元の場所に戻ろうとするんですね!

「ティーバッグ沢山入れて濃いのを出して、ちょっとづつ飲むのもありでは、とか思ってない?水1リットルには2包まで。3包以上は抽出しづらくなるから、水の量も500ccずつ増やした方がしっかり抽出できるからね」
ほ~っ、なるほど!しかも私の頭の中まで読まれています!!先輩ってすごいですね(´▽`*)

まだまだタヒボマスターへの道のりは遠いようです。

今回の商品はこちら♪

0001-00-0002_1


タヒボNFD ニューティーバッグタイプ+IH・ガス火対応ケトル付(2.3リットル)
or相性抜群選べる特典付+サンプルとクーポン付【初回対象】

Web サポーター 齋藤

おすすめの記事