食べる療法シリーズ 幕内式食事療法とは?

 ベストセラー「粗食のすすめ」の幕内秀夫氏が提唱する食生活改善
 法。幕内氏は、長年、帯津三敬病院や松柏堂医院で食事指導をしてき
 ました。帯津三敬病院で幕内氏が指導した患者の方は、5千人を
 超えるそうです。

 独自の哲学と理論をベースにしたアドバイスは、患者さんの状況を踏
 まえた柔軟性があり、無理なく継続ができ、その結果、高い効果が期待
 できるよう工夫されています。

 患者のための食事指導というと、通常の病院では現代栄養学に基
 づくもの、代替療法を重視する指導者では玄米菜食や生食、断食と
 いった特殊なものがすすめられますが、幕内氏はどちらとも一線を画
 しているとの事です。

 特徴
 「ごはんに味噌汁」という日本の伝統食をベースにした食事を指導。
  日常性を大切にし、誰もが無理なくできることを旨としている。

 向く人・場合
   再発予防を目的とする人厳しい食事療法に行き詰まった人

 不向きな人・不向きな場合
   とくになし

 幕内式食事療法について詳しくはこちら