タヒボ(たひぼ茶)ご愛飲者の喜びの声を集め、どうすれば健康になれるかを追及してきた健康サポート専門店

タヒボ茶を選ぶ方・ご縁・関り・喜びの声

●タヒボ茶を飲まれている方を紹介して欲しい!

タヒボご愛飲者の田中さん(仮名)からのお電話で、「他のタヒボ茶を飲まれている方と直接話がしたい! 紹介して欲しい!」というお電話がありました。正直タヒボを飲まれている方が、ご協力してくれるかなぁと不安があ りました。 だが、本当にすごいタイミングで別のお客様池上さん(仮名)からかかってきた電話でその方の元気な様子に、周りが驚いているぐらいの 方がいらっしゃって、その方に事情を説明をして、力を貸していただきたいと事をお伝えすると、快くご協力してくださったのです。

私達は、早速田中さんに連絡をして、10分後に池上さんに連絡をして もらうようにお伝え致しました。 どのようになったか聞くまで、「これで自信をもってくれるかなあ」、「ご協力者の方も了解はしてくださったけど、大丈夫かな」 など色々考えましたが、田中さんに感想を聞いてみると、 とっても希望に満ちた声でした。 私は田中さんの声を聞いて 「今度は、田中さんが健康になっていただいて、お話してくださいね。」 というと、「信用して頑張る」というような事をおっしゃってくださ いました。

ご愛飲者の田中さんは、前回の「しおれた花が、、」の方です。いつもはご家族の方からお話を 伺うのですが、直接飲まれているご本人からお電話があったのです。 それとしおれた花とは何?お茶?茶殻を入れたのか?という声もあった ので、詳しくお聞きするとハイビスカスの中にタヒボ茶の煎じた茶殻を 入れたそうなんです。すると、1週間後に新芽がたくさん出てきたとの事でした。

それと、快くご自身の体験を田中さんに話してくださった池上さんは、 身近な大切なご友人の為に協力してもらたいというご相談の電話だった のです。そのため、池上さんはご友人に伝えるのに10分かかるから 田中さんには10分後に電話を欲しいと言われたのです。 私達は、本当に池上さんの人を想う行動力に感動致しました。

当社では、お客様をお電話でおつなげする場合は、お話をした事があり 状況を知っている方である事が第一条件です。 それと、 「他にもタヒボ茶を飲まれている方を紹介して欲しい」、「このようなサービスを追加して欲しい」 などご要望などはあるかと思います。このようなサービスをご希望の方、池上さんのようにお話をしていた だける方は、ご協力のほどお願い致します。 私達も皆様のご協力がなければお役に立てれない事もありますので、 是非ともお願い致します。

2006年2月21日

●しおれている花がきっかけに

タヒボ茶を飲まれるご本人が、しおれている花の中にタヒボ茶を入れ、その花の状況を観察していくうちに、タヒボ茶を信じてみようと思われた方がいらっしゃいました。
当社でも、使った後の茶殻などを有効利用する時などに植木にあげたりする時に使ってくださいとは言いますが、タヒボ茶を信じれるかどうかの判断のために使われた事を聞くのは初めてでした。

だが、私はとてもうれしかったのです。「しおれている花が変化したら信じてみよう。」など人それぞれの信じれる事などの目安が人によっては、全く違うからです。しかもご家族の方がとてもタヒボを信じていて、とてもタヒボを飲まれる方の心配をしていたので、本当に嬉しかったのです。私は、花にタヒボをあげすぎたのだと思うのですが、数回からした事があります。

そう考えると、絶妙なタイミングで花の変化に納得していただいて、飲んでいただいたという事は、すごい事だと思いました。

2006年2月14日

お客様とタヒボジャパン故畠中平八会長にお会いしに

タヒボ勉強会を終えた後、主催者のタヒボ茶代理店さんが料理をご用意してくださり、食事を食べながら話していた事がきっかけです。タヒボ茶代理店さんは、鍼灸院を経営されていて患者さんのために、少しでも健康のお役に立てれる情報と知ったら、九州で勉強会があっても家族で行くぐらい熱心な方です。

そのタヒボ茶代理店さんの患者さんで、一度は夫婦で自殺を考えた事もあるという方に出会い、何とか希望をもってもらって、今ではタヒボ茶を炊く事が奥様の日課となり、病気を患っているご主人さんは、とても希望を持って毎日タヒボを飲まれているという方がいらっしゃるのです。

死ぬ事まで考えたご夫婦に対して、情報を伝えるだけでは心に響かないと思うのです。タヒボ茶代理店さんの何とか救いたいという思いが伝わり、このようなうれしいご報告が聞けるようになったんだと、勉強会に来てくださった方を見てしみじみと思いました。

この希望がもてる「タヒボ」の製造元、タヒボジャパン 故 畠中平八会長の話しをご家族でされて、代理店のお母様が是非ともそのような方でしたらプレゼントを渡したいと、、、

私は、畠中会長が絶対に喜んでくれると思ったプレゼントでしたので、直接渡していただいた方が良いと思い、畠中会長にお会いしに行く事になりました。

畠中会長の元気と血色の良さを見て、とてもびっくりされていました。『肌の若さは60歳代ですね』という一言も、、故 畠中平八会長の体験談、タヒボ最新情報を聞けてとても満足してくださいました。
このようにタヒボジャパンに訪問する事も、タヒボ茶代理店さんの「この人のために言いたい、喜んでもらいたい」という気持ちが起こした出来事だと思いました。

ちょっと余談ですが、、人の為に色んな健康法を常に勉強されているタヒボ茶代理店さんも起泉還元水を気に入って取り付けてくださっています。

2005年12月28日

●ご愛飲者様からの嬉しいお知らせ!

先日、あるお客様から電話がありました。
今までご本人様とは一度もお話が出来まず、周りのご家族からの質問などしかなかったのですが、ご本人様から元気な声でご連絡があったのです。
『すっかり旅行にまで行けるようになりました。本当にありがとうございます。』と、それと『毎月ニュースレターは端から端まで読んでいました。』と言ってくださったのです。

もう本当に嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。それとお客様の様子を診断している日本でトップ5の○○外科の先生に、、、、
「何か他に服用してませんか?」と聞かれて、その時に初めてお話したそうなんです。すると、「○○」と言ってくださったと教えてくださいました。そんな事をお医者さんに言わせたぐらいの回復なのです。

スタッフ一同感激しました。
ニュースレターとは会員様で、お電話でご様子をお聞きした方のみに毎月発行している「特別版ニュースレター」です。会員様の方でもご様子などがわからない方などには「特別版のニュースレター」はお届けできないのです。

お電話を頂いた方は、ご家族から事情を聞いていましたので、特別版のニュースレターを送っていました。端から端まで読んでいただいたという事は、家族が必死になって探したものを信じて、今の体調よりさらに健康になりたい、これだったら私も健康を勝ち取れれるという思いが巻き起こしたのだと感じました。

2005年12月28日

●先生からの励ましの言葉、勇気づけに期待していたが

これからお話しすることは、あるご愛飲者の話です。具体的に書けませんので、例え話でご紹介いたします。

A病院では、ステージ4の方を対象に商品Tを使ってもらいました。その結果は、驚く結果でA病院の院長、理事長など今までの常識では考えられないと絶賛していました。私達は、その驚きのデーターを目の当たりにしているA病院なら、必ず商品Tをご愛飲してくださっている方が入院などしたら、とても勇気づけてくれるのでは思っていました。

ご紹介しました。
商品Tを愛用されている方は、入院が決まったときには、「商品Tについて理解のあるA病院なら安心だ。」と、とても喜んでいらっしゃいました。

入院後、その方はお医者さんに訪ねたそうなんです。「商品Tを飲んでいるのですが、先生はご存知ですか?」と、
お医者さんの答えは、、、、

続きは「坂井正典ふれあい日記」にて

2005年12月20日

神戸の講演会は、鍼灸院を経営されている先生の主催でした。
女医さん、検査技師の方、現在病気と闘っているご家族の方などが来て下さいました。

現在病気と闘っているご家族の方は、ご主人と一緒に自殺する事も考えたそうです。だが、今は違うのです。
とっても明るい希望が出てきたそうなんです。そんな話を聞けると、とてもうれしくなれました。

京都の講演会では、車、バイクなどのマフラーの業界では知らない人はいないと言うぐらい有名な会社の社長さんがいらっしゃってくれました。社長さんは、タヒボ茶を愛飲してくださっています。起泉還元水に関しても、このお水を広める為に色々計画していただき、とても気に入って下さってさっています。

三重の講演会は、1ヶ月前に1度行っていました。その時からタヒボ、起泉還元水、ザ・ラストを飲用して1ヶ月間の血流観測器での血管の変化にとても満足されていました。

3日間通じて、お水の大切さもつくづく感じました。起泉還元水を飲むと、血流観測で血管を見ると10秒後に反応があり、水道水を飲むと血管の色が薄くなったりするのです。タバコを吸っても血管の色が薄くなったりするのです。この差は何を意味するのか?この差を知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。

2005年12月20日

●タヒボも、カウンセリングも、クレームから絶対に逃げない!

タヒボの場合、経済的な理由とかを、取っ払うことができないと言うのがあります。それを、どう打開するかというのは、伝え続けるしかないなと思っているんです。

お客様に、お話させて頂く時も、これまでの経験上飲む量をお話させて頂くんですけど、中には、もっと少ない量で健康を勝ち取った方もいらっしゃいますので、希望だけは持って下さいねと、飲む量に関しましては、お客様にお任せます致します。これくらいは飲まれた方が、良いと思います、とお伝えはさせてもらいます。

最初お客様に怒られたのは、アドバイスをさせて頂いた量では不十分だった時の事でした。私が直接お話しさせて頂いた三日後くらいに、直接会社に、『金儲け主義か!』と電話をかけて来られて、対応したスタッフが、私に報告してきまして、ことは収まったんですけど、また一週間後に私指名で電話がかかってきました。

私が対応させて頂いた時に、送ったビデオを見て頂いてて、前回とは違って「ビデオを見て勇気が出たよ、ありがとう」って言ってくださったんです。確かに、家族の状況だとか、痛みや悩みを、深くまで掘り下げて相手の状況を見ていなかったと思います。

そういう事を、もっと自然にできるようになれば、すごいんじゃないかと感じました。

2005年9月16日

●腰が痛いと接骨院に通っていたら思わぬ病気だった!

友達から、びっくりする電話がかかってきました。

「接骨院に、腰が痛いといって通っていても治らないから、近くの病院にいくと、骨の細胞の異常と診断された」と言う内容です。なんていい加減な接骨院なんだと思いました。しかも、長い事その接骨院に通っていらっしゃたんです。腰が曲がっているとか言われながら、通っていたそうです。

確かに腰が曲がっていたのかもしれません。私の知っている接骨院の先生は、「レントゲンも、病院でとってもらった方がいいよ」とか必ず言ってくれました。

私は友達の知り合いのお母様が入院している病院に行き、タヒボの説明をさせて頂きました。そこには、息子さんがいらっしゃいました。私は、出来ればご本人に聞いて頂きたかったのですが、体調がすぐれなかったため、息子さんにタヒボの話を聞いて頂きました。

その日は、話を聞いて頂いただけでした。次の日に、息子さんからタヒボを持って病院に来てほしいという事で行きました。娘さんも、いらっしゃいました。娘さんはタヒボ茶の事を聞くのが初めてでしたが、納得して頂き、飲む事を決心して頂けました。友達も、タヒボの事をとても信じてくれているので、知り合いのお母様が飲んで頂けると知ったときには、とても喜んでくれました。

それと友達から、「この病院大丈夫かな。」と相談受けたときに、「いい病院 全国ランキング」(週間朝日)の事を話すととても喜んでくれたので、やっぱりタヒボ茶だけでなく、病気をやっつける為の情報は取り揃えて、お伝えする事はとても大事だと感じました。

あまりにも痛みが続く時は、病院で必ず診てもらわないといけないと思った出来事でした。

2005年9月2日

●隣の席に座ったご縁がタヒボ茶試飲会に

LMP経営塾の日、偶然隣席になった猿川さんとお話しをさせてもらい、それがきっかけになり、タヒボの試飲も取り入れてもらえる結果になりました。

私も、猿川さんが運営しているHappy-doorの企画の段階から参加させて頂き、タヒボの試飲を兼て、お話しをさせて頂きました。その会を運営している女性達は、特色のある方たちで、カリスマエアロビインストラクター、心のカウンセラー、コーチングのコーチなどです。タヒボは今まで知らなかったそうです。飲んでいただくと『甘い、飲みやすい』などの声を頂きました。そしてタヒボのことを話させてもらうと、こんなすごいお茶があるんだと言ってくれたのです。

このお茶なら、美を追求している私達のお客さまの前で紹介できる、情報として知ってもらいたいと言って頂けたのです。そして当日、13名の方の前で少しタヒボの説明をさせてもらいました。13名の中で、1名の方のみタヒボのことをご存じで、以前は飲み続けていて『いつのまにか飲まなくなった』と、おっしゃっていました。

その方のご年齢を聞いてびっくり致しました。若々しい方で、とてもその年齢には見えないからです。そして、タヒボを飲んでいただいた後にウォーキング、足のマッサージなど、勉強と実技をかねてのレッスンが始まりました。
私も全員女性の中で、男性私一人で参加させてもらい、歩き方、足のマッサージの仕方など、楽しく参加させてもらいました。

休憩中にもタヒボをのんでくれて、私としてはとても満足でした。この飲んだお茶の記憶と、どのようなお茶なのかという説明を私がさせて頂いたことを、いつの日か思い出して頂けたらそれで十分だからです。

今、関東、関西ではタヒボ茶のCMを行っています。どんなCMかといいますと、元アナウンサー露木さんが大事な奥さんにお茶を煎じて、飲ませてあげるというシーンです。このシーンはタヒボのことを良く知っている人であれば、意味がわかると思いますが、大事な人をどんな試練があっても守る、元気でいてもらいたいというメッセージ
が入っています。

私もいつの日かタヒボを知った人が、その大事なときに思い出してくれて、大事な人に伝えてくれたらと思っています。この機会にみんなで喜んで飲んでもらえて、きれいな女性のスタッフ達に感謝されて、とても良い一日を過ごさせて頂くことができきました。

この会が終わって当社の支払いシステムの事で、お客様からお怒りの電話をもらっていたので、10時ぐらいに電話をしてわだかまりがなくなりましたので、とてもありがとう、ありがとうの一日となりました。

 

●私が感じたLMP経営塾とは

タヒボを伝えていく仲間の昭和法規の川田さんに誘っていただき、LMP経営塾塾長ともお会いできたことで、人との出会いには、偶然ではなく意味がある、自分自身を向上させるものであると気づき、感謝する気持ちが持てるようになりました。

また、例会で来られる宮脇社長のお話しを聞き、自分の気持ち次第で人生を変えられるという確信が持てました。これからも、何でも言い合い、お互いに乗越えられるよう協力し合える関係づくりができればいいなと思っています。

2005年7月29日

●99.9%手術が成功と言われたが

タヒボご愛飲者の方で過去にお医者さんと治療方法でとても苦い経験をされた方がいらっしゃいます。

その方は、20代の時に○○になり、お医者さんから『初期で99.9%とりきれましたから大丈夫ですよ』と言われたのですが、その後、病院で2年間苦しんだそうなんです。化学療法によってダメージがかなりあり、その経験からあまり西洋医学を信じれなくなったそうなんです。

タヒボ茶を飲むきっかけとなったのは、友人からタヒボナフディンをもらった事から始まりました。もらったタヒボを1日4粒飲んで行くと、今まで1日1食だったのが、2食になり食欲が増してきたそうなんです。

他にゲルマニウム水、温泉水など他にも服用されていますが、タヒボ茶のおかげでないかととても強く感じたそうなんです。その変化に『これにかけてみる。』と思い、家族も共に身近で見ているのでそう感じたそうです。

食欲が増したぐらいでと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、1日1食しか食べなければどれだけやせるか想像できますか?食べたい欲求があっても食べれない事は大変つらい事だと思います。

私は、本当に食欲が増したと言っていただいて嬉しかったのです。そして、家族の為にも長く生きたい、健康を勝ち取りたいという事を充分に電話で感じましたので、その方が電話の最後に『末永くお願いします』と言って頂いた事にとても感動し、『私こそ末永くお願いします』という言葉に絶対に健康を勝ち取ってほしいという願いが自然に入りました。

もしかしたらタヒボ茶の飲み方の組み合わせが一番良いかと提案した時に『良心的ですね』という言葉を頂いたからかもしれません。(^^)私は、この方とお話した時に思ったのが、先生から99.9%取りきれたから大丈夫という言葉はとても安心感があり、良いと思うのですが、本人がなんで身体を痛めつけるほどの治療が必要なのかという疑問とそれだけとりきれたのに何故それだけ入院をせざるおえないようになったのか、という説明が不十分だったのでないかと思いました。

2006年3月14日

●気になってお電話したら喜びの声が聞けて

気になってタヒボご愛飲者の方に連絡した時の事です。
「本当にありがとうございます。本当に良かったです。」と、とても喜んでいただけたのです。

去年の11、12月の時ご家族の方から、「今までタヒボを飲んでいたが本人が飲もうとしないので、私達家族が
かわりに飲もうと思っているのですがどのように飲めばいいですか?」という電話を頂きました。

私はその時に、今の状況であればご本人さんに飲んで欲しいと伝えました。
それから2月になり、起泉還元水も使っていただけたのです。そして現在、とっても顔色がよくなり、周囲にびっくりされているそうなんです。

2006年3月28日

●起泉還元水を使っている方から喜びの声

タヒボご愛飲者の方よりFAX頂きました。
この喜びの声を送ってくださった方は、以前にご愛飲者の方と話がしたいとおっしゃった方です。タヒボ茶と起泉還元水を使っての喜びの声です。

私達も「信じて良かった!」と言っていただいた時には、本当にうれしくなります。隠している部分にはとてもすごい事が書かれていますが、薬事法の関係でお見せする事ができません。

気になる方は、お気軽にご連絡下さいませ。

2006年4月4日

●タヒボご愛飲者からの嬉しい言葉と気になった医者の一言 

タヒボ茶ご愛飲者の方からのお電話で、とっても嬉しい言葉を頂き「おかげさまで親戚が心配するぐらい食欲があるんです。顔色もとても良いと言われるんです。」と、本当に嬉しいお言葉を頂きました。メールでは、薬事法の関係で詳しくご紹介する事が出来ませんので、どのような理由で飲まれていたのかなど、詳しくはお話できませんが3年前は、周りの方がとても心配される状態だったのです。

お話の中で少しひっかかった部分がありました。タヒボご愛飲者の方は、お医者さんに勧められる飲む薬を何年も服用していました。するとお医者さんは、「マーカーがあがってもおかしくないのに、すごい回復ですね。」と言われたそうなんです。

私は、この話を聞いた時に「マーカーが上がってもおかしくない。」という言葉がすごくひっかかりました。この発言は、その薬に自信がないからそんな言葉がいえるのか、と思ってしまいました。

余計な言葉というのはこういう言葉だと思いました。「すごい回復ですね。このままだったら大丈夫ですよ。この結果に自信を持ってくださいね。」とか、もっと安心する言葉を医者が言葉を選んで話して欲しいと思った出来事でもありました。

2005年7月29日

●返品を考えられていた方からの喜びの声をもとに

ご購入から2ヶ月目のお客様より相談がありました。2週間前に胃に激痛があり、肝機能数値が異常に上がっていて
それからタヒボを止めてしまっているそうです。病院側は、検査をしても原因が分らないとかで、徐々に肝機能数値が良くなってきているので、タヒボを再開するのが怖いとの事でした。

薬を使っていれば、肝臓に負担があることをお伝えしたのですが、どうしても不安があって飲めないとのことでした。しばらく置いておいて飲めるようになれば、1袋から徐々に増やして飲んでいってみるとの事でしたが、タヒボへの不安を解消してさし上げることができませんでした。

そこで以前、返品の話まであったけれど、タヒボを再開して「本当に良かった!ありがとう!」と喜んでいただいている三木様のお母様の事を思い出し、すぐに連絡をとりその当時の事をお聞きしたのです。

当時、ひどい副作用にみまわれていたそうです。タヒボの匂いだけで吐き気がする。おかゆに混ぜるなど工夫しても吐いてしまい、何を食べても美味しくない。

「飲めない、飲めない!」と副作用はタヒボが原因だとお母様は思い、その時は精神的にも限界に近い状態だったとおっしゃっていましたが三木様は、もうタヒボは家族で飲むので健康茶としての飲み方を教えてほしいと一時はタヒボを止める事も考えられたのですが、私達のタヒボの体験などをお伝えして再開していただけるようになったのです。

当社の高解離プロトン水でタヒボ茶を煎じる事もしていただいてから、みるみる元気になってきたのです。1人で歩くことが難しかった状態が体調が良くなり歩けるようになったのです。

お母様がそれだけ拒否されていたのに、続ける事が出来たのは三木様が「お願いだから信じて飲んで!」と強く言って飲んでもらったそうです。お母様を助けたくて色々調べていたけれど「タヒボしかない!」と確信されていたそうです。

この方の場合は娘さんである三木様がタヒボを信じ、サポートをされた事により続ける事が出来ました。お客様の中にもご家族が一生懸命タヒボを煎じて、中にはご本人は半信半疑で飲まれている方もいらっしゃいますが、ご家族、飲まれるご本人の愛情を感じ胸が熱くなることがあります。

今回、飲むのを一旦止められたお客様にご家族のようには出来ないかも知れませんが、取材した内容をお伝えしこの事が良いきっかけとなればと思っています。

2006年5月25日

●6月前半のタヒボご愛飲者の喜びの声!

・2週間ほどで触って小さくなっているので、タヒボ茶はすごい!と思っています。

・猫を獣医に連れて行き、何もすることがなく、スポイドでタヒボ茶を飲ませていくと、すっかり元気になり、それを見てタヒボ茶のすごさを家族中が知っているので、親戚にも飲ませたいと思いました。

・タヒボの量を3ヶ月増やしたら、今まで妻の事で本当にどうしようかと悩んでいた事がなくなりました!本当にびっくりしています!

などお声を頂きました。

2006年6月22日

●同じような事に思えるが全く違う対応!

スタッフより二人のお客様(A様・B様)の事で相談を受けました。

A様のケース
タヒボを長く飲まれる事を考えて、一番お得な方法でご購入されてるが、さらにそれよりかはお得な方法がないかと言われました。どうすればいいですか。

B様のケース
当社の事を口コミなどで調べて、いきなりたくさんタヒボを飲みたいと言われたので、長く飲まれる方への1番便利な提案をして、その場合のみ別途手数料が一部かかることを説明すると、

『高い買い物だし、手数料がかかるのは、今までの経験上おかしい。』と言われました。そのために買うのをやめられたので、でどうすればいいですか。

A様、B様 どちらも値段の事を言われているのですが、この2件についての違いはわかりまか?
この違いは・・・

A様は、私達のシステムを十分に理解してさらに要求するケースなので、その要求には応えられないと言わなければいけない。

B様は、手数料というものの基準を、ご自分の今までの経験で判断されていて、その時に湧き上がった疑問から怒りを感じ、購入をやめられたケースなので、十分に当社のシステムを理解したのでなく、私達の説明が不十分でなかったか?このままわだかまりを残したままにしておいて、良いのか?などを考えてもらい、再度連絡をする事が解決につながる事を話しました。

私は、初めてお問い合わせしてくださる方、飲まれていてなんとか良い方向に進んでほしいと願う方には、電話越しで話す事により信頼される存在にならなければならない。だから良い関係を築くには、ほんの少しのでもわだかまりがあったらいけないと思っています。

そこで、スタッフのかわりに私がB様に連絡をしました。すると、ご自身がとても反省されていまして、こちらの説明にとても理解を示して下さり、

『いきなり手数料の事を言われたから、ついついと、、、』などと、他にも色々とお話くださいました。

今回のようにお客様のそうおっしゃる理由、考えなどがわかると、相手の対応によっての私達の勝手な解釈で、

『この人はこんな人なのかな・・?』と決めつける事がなく、私を含めスタッフ全員で伝え方・質問の仕方などの改善もでき、本当に良い経験になると思えるのです。こんな事を繰り返しながら、タヒボご愛飲者の方々の気持ちを理解していけたらと思っています。無理せず何でも思った事は言っていただけたらと思えた出来事でもありました。

2006年6月13日

●お客様からのお手紙より

季節も冬から春そして新緑の旬のさわやかな初夏へといつのまにか移り行き好季節となって参りました。私の心も季節と同じように さわやかな気持ちになって参りました。あの厳冬の2月17日、主人がまさかの予期せぬ告知を受けてから3ヶ月、たったの3ヶ月でしたが本当に長い日々でした。

心身ともに苦しかったです。奈落の底につきおとされた気持ちです。オーバーでしょうか? 生きる力を失った気持ちでございました。ただし主人が1日でも長く生きてほしとだけ祈りつつ毎日を過ごして参りました。

ところが 主人は勿論のこと、夢ではないかと疑いたくなるようなうれしい知らせをいただきました。

2006年7月10日

出張1日目に以前からお会いしたかった池上さんにお会いする事が出来ました。以前、タヒボご愛飲者に「タヒボ茶を飲まれている方を紹介して欲しい!電話でも良いので話をしたい!」というご要望があり、それを池上さんにお願いすると快くご了承してくださった方です。

私は、人の為にできる事であればしてあげたいという池上さんは、どんな方だろうと色々と想像を膨らませていました。お会いすると、とても若々しく、50歳代には見えませんでした。それと全くステージ4のがんを患っている方だと思いませんでした。

色々と病気の経過を教えて頂き、その中でびっくりした事が、毎年行っていた人間ドックで見落としがあったという事です。その時に発見できていたら、その時にレントゲンをしっかり見れる医者であればこんな進行した状態で発覚はしなかったと言う事です。なんでお金を払って検査をしているのに?どこなら信用できるのか?どこならまともな医者がいるのか?など、私はとっても憤りを感じました。

だが、このような医療ミスなどは、表に出る事がごく一部で山のようにあるようなんです。池上さんは今ではガンの仲間と温泉に行ったり、仲間同士で励ましのメールを送りあったり、お見舞いに行ったりなど同じ病気で闘っている
方を大事にし、そのような医療ミスに対して訴える事をやめ、ご自身の病気を受け入れ闘っているのです。

同じ闘病中の仲間からも体に良いという物をプレゼントしてもらったりなどで色々と情報が集まってくるそうなんです。

2006年7月15日

●8月のタヒボ茶ご愛飲者寺島様より喜びの声!

寺島様は40代女性で、今年の4月に健康を勝ち取った方です。「タヒボを知ったのは、健康関連に詳しい友人が以前に、きせんワールド坂井社長の講演会に行ってタヒボの事を知り、自分でも1箱購入して良かったからと、教えてもらいました。

その友人をとても信頼しているので、タヒボも信じて飲めました。もちろん、本当に効くのか・・と思いながらでしたけど…濃くて苦かったのだけど 飲み方を工夫して飲みました。だいたい1週間で慣れました・・・」と明るい声で話して下さいました。

「きせんワールド坂井社長さんの真心がに伝わりました。本当に言っているかは聞けばわかりますよ」と、飲みながらも不安になるので電話で色々話されたそうです。

その他、10年来の持病も克服できた事、闘病中にはご主人も「お前は絶対大丈夫!」と、とてもプラス思考で居てくれた事、今、闘病中の方に伝えたい事は「絶対に前向きに!」と言う事だそうです。

2006年8月12日

●タヒボ茶ご愛飲者寺島様より喜びの声2!

前回、寺島様の喜びの声を少しご紹介させていただきました。
健康食品は効能効果を表現する事が禁止されていますので、取材の内容からご紹介できる部分を抜粋して、喜びの声の続きをご紹介したいと思います。

取材スタッフ
1日1箱というのは飲みにくくはなかったですか?
寺島様
飲み始めたときは、のどから熱いものが、かーっときました。濃いし、それでも慣れたらまぁ、、、途中、タヒボを飲んでるおばあさんのコマーシャルのビデオを見て、ああやって飲めばいいんだ。。。と、それから、ちょろちょろ飲むより、マグカップに入れてがっ・・と一気に飲むと飲めたのでそうしました。1日分を6回以上には分けて飲んでいましたが・・。.
1ヶ月位すれば慣れました。2リットルちょっとに1箱入れて1時間半煎じて1リットル少しになるようにしてました。私は元々、水分をとる習慣がなかったものですから、薄めると量が増えるのでそのまま飲みました。
苦さが苦にはならなかったし、タヒボを紹介してもらった人の事をすごく信用していて、その人は体のことにも詳しくて、たぶんその友達から教えてもらった物だったから信用しきって飲めたんだと思います。その友人は住友生命(100人近くいらっしゃいました)で行われたきせんワールドの社長の講演会に行って、タヒボを知り、本を見て誰かにも教えれるかなと思って、1箱だけ買って、すごく良かったから誰かに教えてあげれるかも・・と。
でも高い物だから誰にでも教えれないと思っていたそうです。私もそれは思いますね。

*****
誤解がない為にも、タヒボは一般的に定価ですが、飲み方によっては量がたくさん必要な方もいらっしゃいますので、当社では、その方のご状況をお聞きして、その方にとって相談して良かったというタヒボ価格を提案しています。一度ご相談くださいませ。
*****
取材スタッフ
最初から、起泉還元水で煎じて、ラストも飲んでいたんですか?
寺島様
起泉還元水は、最初家に買っていたお水があったので、それが終わって3ヶ月ほどしてから使い始めましたが、ラストは最初から飲んでいました。

取材スタッフ
健康になった過程を教えてください。
寺島様
退院後、最初は体力が無いから・・・
階段を上るのがしんどかったり、、お店も1年間忙しかったので、それでもう体が疲れきっていたんですよ。それが体もすごく元気で、疲れにくくなって・・例えば、信号が赤に変わりかけたら、走るの嫌や。。と思うじゃないですか、それが飲み始めて2.3ヶ月でもうホントに楽になったなと思うようになって・・走って渡ったり出来るんですよ。
————続きはお問い合わせくださいませ。——————–
取材させていただいた寺島様の家族愛、友人を信じる気持ち、生きたいと強く思う心などの詳しい内容は、限定会員様専用のニュースレターで掲載する予定です。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。(ただし、電話のみのお問い合わせに限ります。)

2006年8月24日

●寺島様の健康を勝ち取った心構え

前回、寺島様の喜びの声を少しご紹介させていただきました。
会員様だけの特別版ニュースレターの発行も終え、取材のお礼にお電話をする機会がありました。そのときに、聞いたお話です。

寺島様は今、病と戦っている方にむけてとにかく何か、目的や、趣味、生きがいなどすることを持つ事が大事だと思われるそうです。寺島様は退院してすぐから自営の手伝いや、まだ小さいお子様の運動会など家族は自分が病み上がりだと忘れているのかと思うほど忙しく、毎日が過ぎているそうです。今思えば、それが良かったと言われています。

入院中に一緒だった仲間で子育てが終わっていて、毎日一人自宅での療養になった方の悲しいお話をお聞きしました。その反対に、余命を告げられた方がお孫さんが出来る事がわかり「孫を抱きたい!世話するんだ、まだ死ぬもんか!」と、そのその通り元気になられているそうです。

寺島様は「あきらめたら絶対だめだと思います。『もう、いいわ・・』と思っちゃだめです。あきらめないで治すって思って、」家に一人で居ると、どうしても病気の事ばかり考えてしまい不安になってしまうので乗り切って欲しいと言われていました。

あらためて、気持ちが大事なのだと感じました。

2006年10月11日

●喜びの声をくださった寺島様が経営される飲食店に行ってきました!

先日の日曜日に喜びの声を下さった寺島様のご主人がされている飲食店に行ってきました。
今回お会いするのは初めてです。スタッフから話は聞いていたのですがお会いすると、とっても元気そうな方で、明るいと感じました。

もう今では元気いっぱいで、本当に健康を勝ち取れて良かったと言われていました。ちょうど同行していた看護士さんは寺島様にお話を聞くたびに、「信じられない!」今まで勤めていて考えれない事実だと言っていました。

店の雰囲気は、とても明るく、ご主人もとても元気いっぱいな方で、スタッフよりご主人の寺島様(奥様)に対しての励ましなども聞いていたので、なんだか見ているだけで仲の良い夫婦だと感じました。

実際に健康を勝ち取った方の笑顔を見ると、「タヒボNFD(たひぼ茶)を広め続けてよかった!」と思えます。もっともっと伝えて色んな笑顔を見たいと思いました。

2006年11月1日

●坂井の知人よりご紹介いただいた武藤様からの喜びの声!!

武藤様のお話で感じた事は、周りの方からの支えが沢山ある事が素晴らしい事でした。それは武藤様の人柄があってなのだと思います。
最初はなぜ少ない袋数を飲み、CTで確認してから多く袋を増やされた事の理由をお聞きしたところ「飲んだ方が良い飲み方は聞いていたけど。最初からたくさん飲んでいたら、良くならなかった時の為の希望の光がなくなる・・・。」と思っておられたそうです。

飲むペースが遅い事に気付かれた武藤様の会社の方が「そんな事言ってたら駄目!最初にきちん飲まないと!」と強く言われ増やしたそうです。

最初、タヒボ茶のことでお話を頂いたときも、武藤様の会社の方から、『どうしても健康を勝ちとって欲しい大切な社員がいる!』と言うことがきっかけでした。会社の上司の方の熱意で、武藤様のご自宅までタヒボ茶の説明にすぐに行きました。

奥様はお医者さんからの話などで、とても悲しそうな様子でした。そこでお医者さんの言う事は神様でもないし、あくまでも予想で事実ではないと言う事をお伝えしました。
続きは会員様のみが見ていただけるニュースレターに掲載中!!

2007年5月7日

●滝川様とカウンセラーとのエピソード

お客様 滝川さん:
やっぱりタヒボ茶を飲み続けなきゃだめってことなんですねえ。味が気になってね。

タヒボ茶健康サポート専門店スタッフ:
経験上不安なので‥タヒボ茶をもっと飲んでくださいね、とずっと言ったのです。
これを続けてくるとだんだんと変ってきたんですよね。あん まり言うと、いつもご主人とお話をするのですが、本当に嫌がって飲まなくなるような方なんですよ。寝込んじゃったりする。でもこの方ね、最初会ったときは 本当に暗くて、声のトーンもすごく低かったのですが、今は声が明るくなって、「おかげさまで、ありがとうございます」っておっしゃってくれました。

タヒボ茶健康サポート専門店スタッフ:
もう2週間前くらいから質問のお電話を頂いていて3回目の電話のとき、初めて泣きだされたんですね。「話すのイヤだったんだけど。知り合いって 言って相談していたのですが、主人のことなの、分かる?」って。1回目、2回目の電話では詳しくご状況を聞かないと指導できないんで、すいませんね、と 言って。ただ、話したくない方もいらっしゃると思うんで、話したくなったらでいいから、その時はいつでも聞きます、といっていたんです。それが3回目で 色々詳しいご状況を教えていただき、タヒボ茶を飲む事を決心されました。

2010年5月29日

●とても大事なことだと気付かされた出来事

私は、常々スタッフに対して「タヒボNFD」を飲まれているお客様には、身内だと思って接するようにと言ってきました。しかし、そう言ってきた私自身、お客様の体の状態を見て、私が信じている情報をはっきりと言わない方がいいと思ったり、信じている情報を伝えなかったりし たことがありました。

今回、こうしたお話をなぜするようになったのか。私がスタッフに言っていたことが実践できていなかった事、考え方を改めさせられるような出来事が起きたの でお伝えしたいと思います。私がスタッフに対して指示していたことが、実際に私がその場に直面したときにできなかった。これは私の反省と同時に気づかせてくれた事についてのお話で す。その出来事とは、2010年の3月のことです。

今までタヒボ茶を飲まれていた知人の谷田さんが大きな交通事故にあわれた事が発端です。 私は谷田さんが事故にあった知らせを聞いて、早速、病院にお見舞いに伺いました。谷田さんの病室でお目にかかりましたが、何と首の骨が折れ、体が動かない という状態でした。元気だったころの谷田さんとは大違いで、まるで面影も無く、目を疑いました。

頭の中も出血していたらしくて手術を行いましたが、絶対安静で腕に全く力が入らなかった状態だったのです。しかも1週間、昏睡状態で本当にあぶなかったそ うです。よく生還したものだと本当にうれしかったことを覚えています。 頭の内の出血もひどかったため、谷田さんの言葉は聞き取りにくく、一生懸命聞かないとわからない状態でした。それほどひどかったんです。

私はそうした状態を目の当たりにして『助かって良かったですよ』といい続けることしかできませんでした。谷田さんは現実に目の前で事故から生還され、奇跡 的に生きている姿を見ていると、命ある限り、可能性は絶対あると思ったからです。薬も色々な種類のものを数多く服用していました。それから2ヵ月後の5月になった時のことです。まだ握力は回復していないものの、スプーンを持てるまでには回復しました。それと同時に今まで動かすことができなかった体も少しずつですが動かせるように なりました。

そんな矢先です。また手術をしなければならないと医師から告げられたのです。折角、回復する兆候が見えてきたのにまた手術。どんなに落胆したことでしょう。しかも手術するとまた一からリハビリです。 しかし、医者からは手術をしないとこれ以上は良くならないと言われたそうです。手術は、頭の中の手術ですから谷田さんは不安とまた最初の状態に戻る苛立ち とでどこにこの苛立ちをぶつけたらいいかわからない状態でした。私がお見舞いに伺ったのは、谷田さんが再手術を受けるかどうか悩まれている時でした。

何日も何日も悩まれたそうです。その日は奥様と祖母様がいらっしゃっていました。谷田さんのいらだっている状態がいつになったらおさまるのやらと、大変困った顔で私に教えてくださいまし た。 谷田さんがいらだって、『手術がもし失敗して誰が面倒見てくれるねん』という言葉を突然話されました。無理もないと思います。先行き不安だらけです。もう 2ヶ月も入院しているんです。やっとスプーンが持てる状態に回復したのに、また手術。 すると祖母様は谷田さんに『私たちがいるでしょ。どんな状況になっても私たちがいるじゃない』ととても強い口調でおっしゃっていました。

『なんで私達を信じれないの』と何度もおっしゃっていました。その強い口調は、誰が聞いても愛情のある言葉でした。 本当に真実がこもり、感動させられる言葉でした。 それから30分ぐらいしてから私と二人で車椅子で病院の喫茶店に行きました。とてもこの先誰が面倒を見てくれるなどの不安な事などを教えてくれましたが、奥様、祖母様の話を聞いたあとだったので、そんな心配はいらないと思いました ので、『そんな心配全然いらないじゃないですか。あれだけ言ってくれるのは真実ですよ。』と私もなんとか手術をしてもらえるように言いました。すると谷田さんは、最後には手術をすると言って下さいましたので、ほっと一安心しました。

それから私は、タヒボ茶も勧めようと考えました。しかし、手術を前にこんなことを勧めてもいいものかどうか、正直悩みました。その結果、勧めることができませんでした。私がスタッフに言っていたことができなかったのです。 なによりも谷田さんはタヒボ茶の愛飲者でした。その方に「タヒボNFD」を勧めることができませんでした。 それでよかったのか? この件は私の中で大きな疑問符とともに尾を引きました。手術は6月に成功しました。本当に良かったです。 不安を乗り越え、決心をして臨んだ手術が成功しました。

不安を抱えながら手術台に向かう気持ちはどうでしたでしょうか。 私はそのことを思うと谷田さんは立派だと思いました。 そんな谷田さんから、9月初旬に連絡がありました。なんと私の家の近所の病院に移ったという事だったのです。もちろん病院へお見舞いに行きました 病院に行くと体も5月の時より動いていて、首を固定しているものも外れていたのです。すごい回復力だと思いました。事故当初の悲惨な状態を知っているので とてもほっとしました。 入院してから1週間は昏睡状態、続く脳の手術、リハビリでスプーンが動かせるようになったのに再手術。 そして目の前に谷田さんが元気でおられる。素晴らしい回復力です。

本当に私はうれしかったです。奥様や祖母様の看病のおかげだと思いました。さて私は谷田さんが事故に会われてからタヒボ茶を心のそこから勧めるかどうか本当に迷っていました。事故当初は、いろんな薬を飲まれていました。 少しよくなった時に、また頭の手術をして何も体が動かない状態に戻るという事も知っていました。そのような状況を聞いていたので飲まないよりかは飲んだ方がいいですよと言う事ぐらいしか言えませんでした。

しかし、今回谷田さんから色々お話を聞くと『あとはリハビリをどんどんして、完全復帰に向けて頑張るだけ』とおっしゃっていました。ビタミン剤などを病院からもらっているということも聞いたので私は、それだったら「タヒボNFD」を飲んでもらたいと心の底から思いました。そこで初めて 真剣に勧めました。 そしたらあっさり飲んでみようかなと言ってくれたのです。谷田さんにタヒボ茶を勧めてすんなりご了承してくれた時に感じた事は、もっと早くに勧めたらよかったと思いました。

なぜなら、谷田さんご自身から本当になんとかしたいという思いをとても強く感じたからです。 私は心の中で今までなんでもっと勧めなかったんやろと思いました。私が心の底から「タヒボNFD」を勧めることを今まで言えなかったのは、どこかで嫌われたらどないしようとか思っていたのではと思いました。身内だったら もっと強く事故に会った当初、意識あったときから絶対に飲んでもらっていると思いました。これは私の弱さかもしれません。あるいは自分が勝手に「谷田さんには今は必要ない」と思い込んで決め付けていたのかもしれません。実はそうではなかったのです。

今回、谷田さんと接してきて感じた事は、相手の事を思うならなおさら確信できる情報は、人からどう思われようがはっきり伝えることだと思いました。自分で 決め付けたり、思い込んではいけないんだと心から感じました。 そうすることにより「タヒボNFD」を飲む機会を奪ってしまっていたかもしれません。今まで身内だったらどうするかを常に言ってきた私が、どんな状況であ れ言えなかったのが大きなフィードバッグでした。

日ごろ言ってきたことが実践できてないと思われても仕方がないような出来事でしたが、スタッフ全員に谷田さんとの経緯と感じたことを話しました。今回の出来事は、人にどのように思われようが自分が信じた事を言う勇気は、後悔しない為にもとても大事だとあらためて感じました。 そんな出来事が私にとって大きな気付きをくれました。

2010年6月2日

●タヒボ茶をご愛飲しているお客様からの嬉しい贈り物

それは、ある日突然当社に1つの荷物が届きました。『宅急便で~す!』
スタッフ一同、(なんだろう?)と一斉に見ました。見ると、見覚えのある私の担当させて頂いているタヒボ茶をご愛飲しているお客様の千葉様からでした。恐る恐る(笑)箱を開けてみてびっくり!!

中には美味しそうな梨が入っていました。すぐにお電話させて頂いたところ、『この辺の梨は美味しいので一度食べてみてね』とのお言葉で、スタッフ一同感動しました。千葉さんは、ご自分のお体が調子があまり良くなかった中、わざわざ送ってくださったのです。なんともありがたく思いました。

2010年6月3日

●次のニュースレターを楽しみにしているよ!

今回、話しの中で出てくる岸本さんは、大阪の講演会に来てくださった方で当社が発行するニュースレターを読まれている皆様はご存知の方です。あの娘さんの 泣いていた姿は、とても私の心の中に残っていました。岸本さんのお母様の『体験談が届きました。』という報告、本当に嬉しく、よかったと思いました。お話 をしているお客様から『次のニュースレターを楽しみにしているよ!』という声を聞くと私も嬉しくなります。スタッフが、東京講演会で始めてお会いした愛飲 者の方に「『またお会いできるように頑張る!』といってくれたよ」という報告。本当に嬉しい出来事が、毎日のようにたくさんあります。


しかし、愛飲者全てではないのです。私は、今月すごく悲しい事がありました。思い返してみると、私が取った電話から始まりました。「タヒボNFD」についてのお問合せでした。電話でお話をしている方は妹さんで、とてもお兄様思いの方でした。タヒボNFDの話をして、お兄様が飲むこととなりました。その時、手のほどこしようがな かったようです。「本当に奇跡!!」といって喜んで下さった出来事がありました。それからは、お兄様も健康茶タヒボがなくなると「早く!」と、とても気に 入って下さっておりました。アガリクスも飲んでいたようですが、徐々に減らしていき、タヒボ茶を増やして飲んでいくと言ってくれました。


いつも妹さんから電話があるのですが、なぜかとても気になったので電話をすると、急変して亡くなったとのことでした。私は、何を言っていいかわからず呆然 としました。妹さんは、『タヒボ茶をもう少し早く知っておけばよかった。あれから今まで頑張れてこれたのは坂井さんのおかげです』といって逆に励ましてく ださいました。私はその言葉を聞き涙が止まりませんでした。私は、こんな状況でとても前向きな妹さんに何も言葉が出てきませんでした。妹さんが私に言って 下さった言葉、このやりとりをスタッフが聞いており、『頑張りましょう。』といってくれた一言。
本当に心に残る言葉というのは、その言葉の中に思いやりがこもっていると感じるからですよね。これは内面からあふれ出てくるものですから、内面に本当のや さしさが無ければ相手の心に残る言葉は出てこないですよね。私ももっと思いやりのあるいい男になりたいと思いました。(そしたらもてますよね。)
私は田中さんとの出来事に運命を感じています。この悔しさをばねにもっとタヒボ茶を広め、毎日嬉しい出来事で一杯のきせんコミュニケーションズであるために、今まで以上に努力していくと心に誓いました。

 2010年6月4日


●「本当にありがたいです。人柄ですよね」とタヒボ茶ご愛飲者様より喜びの声

北川様:本当感謝しているんですけども、そこでまた坂井さんのようないい方と…。
でもこれ、健康食品というかタヒボ茶だけが良くても、それを私たちに提供してくれる、間役になってくれているその存在が大切だと・・。

坂井さんのような方がずーっと勉強して、すっごい心強いんですよ。ダメかな…とくじけそうになっても、坂井さんがこういっていたから、もしかすると大丈夫 かも、と元気が出てくるというか、坂井さんとこういうことを話しているっていうのも全部本人に伝えていますし、僕も強い気持ちを持っていかなきゃだめ だー、なんて事も言っていますし。

だからもちろんお会いもした事も無い、全然わからない、知らない人なんですが、電話一本で…本当にありがたいです。人柄ですよね。

…私も実は、健康食品と化粧品の仕事を15年してきたんですよ。
だから、自分はそれを飲ませないのか、って言われると、うーん、自分で使っていて変な話ですが、自分で使っていて自信が無いのか、といわれたらそれまでなんですけど、、、

私 が使っているのはごく一般に手ごろに求められるものであって、「タヒボNFD」は高いから良いとかそういうのではなくて、うちのような、今、なんとかした いという人にピッタリだと思います。あと、某健康食品さんには特に言うことないと思って、タヒボ茶を途中からこういう風に飲んでます、とは伝えていないん です。

ですが、「タヒボNFD」の方には、正直に今飲んでるもの、食べてるもの、からだの状態を正直言わないと、せっかくこうやって親身になってもらってるのに、と思って坂井さんにはこうやって某健康食品さんの話もしたんです。

今、某健康食品さんのほうを減らして、タヒボ茶、タヒボ茶、タヒボ茶でいきたいと思って頑張っています。とにかく人間のからだは、出てくる便で分かるっておばあちゃんが言うんですよ。赤ん坊じゃないけど。それが、固形のものになってきたんですよ。
だから「タヒボNFD」の坂井さん、ありがたくて、ありがたくて。

タヒボ茶健康サポート専門店店長 坂井:僕も嬉しいです。ありがとうございます。

2010年6月5日

●お話しと責任

ご相談者様は、まだ年端もいかない小学生の『おばあさん』にあたるかたです。
そのお孫さんが腫瘍性の病気になり、一旦は手術で回復したらしいのですが、その後の生活において健常に過ごす為の手助けとして2、3ヶ月ぐらい断続的にご相談にのっていました。その間色々お話しをさせて頂いて幾つかの商品をお試しいただきましたが、この前耳を疑うようなお話しがあり「再発した上に転移している」「ただし相談に載ってもうら前からだったみたい」とお伺いしました。
そして続けて「お医者様は、前からなんとなく分かっていたみたいだけど」「聞いてもはっきり言ってはくれなかった」との事。。。

正直 今までご相談にのらせて頂いていた際に、元々、再発率が高い病気の為、生活改善を行わない限り危ないなと思い、真剣に提案をさせて頂いていたのですが、現状すでに病魔と闘う状態にあるというのは、かなり深刻な状態です。それでもご相談者様は良かれと思い色々お孫さんやそのお母さんに提案や情報を持って行ったりしていたようなのですが、方針がお母様と対立するらしく最終的には「わたしが責任をとるから!」とお母様に啖呵を切られたそうです。その言葉を聴いたときに、私も幼子の親ではありますが、子供に関して、特に子供の命に関して責任を取れるのか!?と自問自答した際には『取れないな。。。』と思いました。


考える力も大人に比べて弱い、知識も低い、経験も、そんな子供が自分の意識で病気に立ち向かわなくてはならないので、考え方を指し示し、教えてあげて、あった事を話してあげる。それを行ったとしても結局治そうとするのは『本人の体』とある話しでは末期の子供が頭の中の想像でエイリアンに見立てた敵を倒す空想をしていたら実際に病気が治った例もあります。弊社でもご用意させて頂いてる資料などにもサイモントン療法(と言う療法なのですが)詳しくご紹介させて頂いております。
だから、自分の子供が病気になったつもりで「手助けはできる!」と考え多くの方とお話しさせて頂いております。

2017年8月31日

●先日、資料請求のお問い合わせをいただいた、お客様より、結果ご注文のお電話をいただきました。

購入のきっかけをお伺いしたところ

お父様が重篤な状態で現在治療中で、ご相談者様はお父様になんらかの事で助けになれないか!?
と色々お考えとのことで、一方のお父様はというとお薬に抵抗があるとのお話しで、子の心親知らずと言う様な状態だったそうです。それならば、お茶という形で健康茶から始めてみたらどうかと思い数ある健康茶よりタヒボをに着目なさって資料請求に至ったそうなのですが。

その後、同じような健康状態で困った経緯のあるご友人にも相談をしたところ、その方もタヒボを飲んでおり、元気にされているお話を聞きしたそうでお父様にも試してみる価値はある!と思われたそうです。

縁というのでしょうかね。

2018年2月2日

医者から処方されたお薬を飲んでいたが、なかなかよくならなかったそうで、ご家族の方が何としても良くなればと願われ、探し回った結果、当店にお問い合わせをいただきました。

タヒボ茶を飲みはじめてから、3か月ほどで体調が変わってきました。そのおかげもあり手術ができるまでになったそうです。タヒボ茶にたどり着いた際には「これに賭けるしかない!」とご家族が思われ、その気持ちにも答えるように、これに賭けてみようとご本人も思われたとのことでした。

お電話では、このお茶の力もあると思いますが、気持ちの持ち様ですね。
とおっしゃっていました。諦めずに治そうと想う力が、手術を成功に導いたものと思います。

皆さまも、どうか、諦めないで

2018年2月17日

●肩こりや首の痛みなどで

タヒボNFD まるごと 微粉末を飲まれている方よりいただいたお声です。

健康維持でタヒボNFD まるごと 微粉末を飲んでいただいているお客様がいらっしゃいます。その方がタヒボをご購入いただいた経緯は、肩こりや首の痛みで悩んでおり、悩みを解決できる健康食品はないかと探していたそうです。友人に、何か良いのないかな?と相談を持ちかけたところ、タヒボが良いかもしれないよ。と紹介いただいたようです。

タヒボ茶について「何か調子良いかも」と話をしていたのが気になって、弊社に資料請求をいただいたのがきっかけで、一年間タヒボをご愛飲いただいています。

先日ご本人様よりご注文のお電話をいただき、近況をお伺いさせていただいたところ、3袋/日で飲まれていていつからか具体的な日数はわからないけれど、約一か月で肩こりや首の痛みが感じなくなってきたとのことでした。

2018年3月8日

●お加減いかがですか?

日増しに暖かくなり、皆様いかがお過ごしでしょうか。
弊社では、タヒボをご購入されたお客様にタヒボの飲み方のご案内や、ご相談事などをお伺いしているのですがタヒボご購入後、しばらくご連絡のないお客様に気になりお電話させていただきました。

多くの方は、近況などお聞かせ頂いたりお困り事に合わせた、飲み方などお話させて頂いたのですが、なかには、残念はことにお亡くなりになった方もおられて、、、

悔しい想いでいっぱいでした。
タヒボをご購入されるお客様には、お急ぎの方も多くいらっしゃいます。そういった方々のお力になれなかった事。もう少し早い段階でフォローができていれば。もう少し良い方法などをご案内ができていれば。など、悔やまれます。

健康に関して何か気になる症状などございましたら、我慢はせずに誰かに相談をしてください。
手遅れになってからでは遅いのです。ご家族、友人、職場の同僚など。お近く相談できる人はいると思います。

もし、それでも解決が難しい場合は、弊社にご相談ください。

弊社はご愛飲者様や健康に関して関心や不安をお持ちの方に少しでも寄り添っていけたらと考えております。少しでも不安な事があれば、お気軽にご相談をいただけたらと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

2018年4月20日   お客様カウンセラー

●大正15年生まれの方の紹介で

前日、恐る。。恐る。。お電話が掛かってきて、「タヒボを購入したいのですが?こちらで良いのですか?」とおっしゃった方がいらっしゃいました。

どうされたのか 少し不思議に思いながらお話をお伺いしていくと弊社のホームページを印刷したものをお手元にご連絡を頂いたようで「私の知り合いで92歳で元気な人が タヒボ茶を薦めてくれて。。。買いたかったのだけど。。。私も、相手もパソコンとか苦手なので 更に他の人に印刷してもらって」との事でした。

なるほど!お手持ちの情報が少ないので不安だったんですね。しかし92歳で元気な方のご紹介。。。92歳と言えば大正15年生まれですね。昭和生まれの私では、想像も付かない事を経験されたんだろうなぁと思ってしまいました。

結果、ご連絡頂いたお客様は『まるごと』が一番合っているとの事でお買い上げ頂きました。ありがとうございます。

2018年5月12日

●ペットにもタヒボがおすすめ

タヒボご愛飲の皆さまにワンちゃんやネコちゃんなどペットを飼っていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。私自身はマンションの問題もあり飼っていないのですが、友人のひとりに、家に5匹以上飼っている愛猫家の友人がおりまして、家族同然に暮らしているとよく耳にします。

同様に思われている方も多いのではないしょうか。今回お電話でお聞きした方のお話で、その大切なペットがシュンとしてしまった影響で飼い主本人も気持ちが塞いでしまって何か良いのないですかね?と質問を受けました。

お話をお伺いすると、年齢もいっているとのことでしたが、急激に動き回らなくなったり、食事の量が減ったりと心配になることが多く、ペットショップへ行ったり獣医へ通われたりしたそうですが、そこで「イペット」という商品を紹介されたとのことでした。

当店も「イペット」を扱っており、インターネットでお調べいただいてご連絡いただいたのが縁で、イペットには少量ながらタヒボが含まれているため、これを飲まれるのでしたら「タヒボ」を与えてみてはいかがですかと提案させていただきました。

サンプルをお送りし、エサに混ぜて与えてみたところ、食べてくれたので、購入してみます。まるごと微粉末をご購入いただきまして2週間ほど与えてみたところ、食事の量が増えて、動き回るようになったそうです。今では元気にお庭を走りまわっているとのことで、タヒボを紹介してくれたおかげです♪と喜んでおられました。

もし、この記事をご覧いただいて、飼っているペットがシュンとしている。など、気になる様子がありましたら、この記事を思い出していただけましたら幸いです。

2018年5月19日

●インスピレーション

初めての方よりご注文を頂き 購入の動機を伺わせて頂いた所、他の商品にサンプルとしてタヒボ茶をお付けさせて頂いているのですが、そちらのサンプルをお使いになって「なんだか よさそう」と感じたとの事でしばらくやってみようかと思ってとご注文頂きました。

こういうインスピレーションも大事ですね。
ちなみにお買い上げ頂いた商品は当社のみが販売継続しているタヒボルデウスです。

2018年10月26日

●数ある健康食品を調べてもらった所。「タヒボだけが良いよ」

お客様よりご連絡があり、立場がございますので詳しくは述べれないのですが健康に関して困りごとが起きたそうで、『ある病気に関しての専門公益財団法人』で勤めてらっしゃるご家族に、数ある健康食品を調べてもらった所。

「タヒボだけが良いよ」とのお答えを頂いたとの事でした。その方がどのような調べ方をされて、どう判断されて、どうご家族にお話ししたかお話し頂けなかったのですが、家族の言う事だからと、その後人づてにご注文を頂きました。

古くからあり多くの人より信頼を得ているお茶ですね。

2018年11月8日

●相性があるのです

『波動医学』とい考えかたがあり 決まった方法で波動を計測して,その波動で【相性】を被験者に対して予測するテストデータがありました。『波動』という概念は、すごくに簡単に説明するなら『もの総てに関してゆらぎがある、揺れて波がある。』それを波動といい波長を波に例えると打って は返す波に反対より同じものを与えたら消えてしまうし、勢いをつける為に同じ方向に間隔を狭くしてどんどん後押ししてあげると強くなったりするようです。

ちなみに今回相性だけですが 秘めたるパワーが大変大きいといっていた『まるごと』ですが今回の被験者に対して抜群に良くてデータを見せてもらったスタッフ全員がびっくりする値だったので通常良くて100程度の物が200オーバーでした!「合う食品ってあるんだね~」とともに「まるごとってよくわからないけどすごいね~」と言うお話しでした。

2018年12月27日

●タヒボルデウス 10箱セット

先日ご主人の知人がタヒボのカプセルを飲んでおられて、良かったという話から、関心をもたれ、去年の秋ごろタヒボの資料をお問い合わせを頂きました。弊社はタヒボの資料をお問い合わせして頂いた方に、何種類かのサンプルも一緒にお送りしています。味や、香り、飲みやすさなど、お客様によってお好みや選択の基準が違うからです。

その方が、最初にご購入されたのは、タヒボルデウス5箱セットでした。やはり機能性食品として認定されたプレミアムを試して頂くのが一番だとは思いますが、それでも、続けていくためには、価格も大事なポイントです。

そのお客様は、ご家族で、飲むには丁度良かったようで、3か月後、リピートで、タヒボルデウス 10箱セットをご購入頂きました。味や、飲みやすさ、それに価格がお客様が置かれている状況に見合って、これなら続けられそうと、お客様の気持ちが動いて、試してみられることが、良い方へ変わっていくために大切な事だと思います。

ルデウス

2019年4月19日

●明るい日課

タヒボティーバックを2か月に1度、2年の間、繰り返しご購入してくださるお客様がおられます。先日、お得な買い方などのご案内と体調のお伺いもかねて、電話させていただきました。とても張りのあるお声の奥様が、元気に対応してくださいました。

お子様が成人され、子育ても一段落、今は退職されたご主人とお二人で、タヒボを健康維持のために飲んでくださっています。現在の飲み方を伺うと、毎朝、ご主人がホーローのポットに、ティーバッグ1つと2リットルのお湯をいれ、15分~20分煮出し、それが冷めたら、今度は奥様が、お出かけの際にいつでも持って出られるよう水筒にいれ、残りは、クーラーに入れて、冷蔵庫へ保存されています。

一日かけて、お二人で飲まれるのが日課だそうです。
「毎日充実して過ごせているのは、タヒボのおかげかも」と言っていただき、役立てていただいて、嬉しい事だと思いました。有難うございます!!

頑固おやじと、そんなお父様が大好きな娘さま。お互いを想う気持ちが、力になっていると思います。
私たちも、これからもお二人を応援していきたいと思います!!

2019年5月24日

●日常の一部に

3年以上、ご愛飲いただいている方のお話で、タヒボを切らしてしまった時、乾燥させておいた茶殻を、自家製粉薬のようにお召し上がりいただいているそう。茶殻も大事にご利用いただいています。
今では大切なご家族である猫ちゃんも飲んで下さっているそうで、「タヒボ無しでは過ごせないです」とうれしいお言葉もいただきました。
ご家族みんなの毎日に取り入れていただき、嬉しいかぎりです('ω')

タヒボ粉末や茶殻は、他にもキッシュの生地に混ぜ込んでお召し上がりいただいたり、歯磨き粉に混ぜたり、軟膏に混ぜてご利用いただいている方もいらっしゃいます。

みなさんの生活に合った方法で、日常に寄り添えたら、とても嬉しいです。
他にもオススメのご利用方法などございましたら、ぜひ教えてください!

2019年6月28日

●過酷な仕事をされているお父様をご心配なさった娘さまから、ご連絡がありました。

お父様は、お仕事に情熱を持ってらっしゃるのですが、身体を使う過酷なお仕事。
数年前からご家族がご心配されるような顔色で、お父様ご自身も悩まれていました。このままではお仕事を続けるのは難しいかも、とのお父様の気落ちぶりに、ご家族も色々とアドバイスされます。

しかし仕事一筋、頑固者のお父様。周りの心配をよそに、なかなか生活スタイルを変えてくれません。むしろ、頼まれたら断れない性格、とても過酷なお仕事も請け負ってきます。そうこうしているうちに、やはり徐々に体力も落ちていかれ、今年4月、ついに娘さまも動き出されます。

まず、大きく生活を変えず、手軽にとれるタヒボを取り入れることに。飲みやすい「タヒボNFD エースACE」と「まるごと タブレット」から始めます。食事療法など、なかなか受け入れてくれなかったお父様も、お嬢様の献身的な姿勢に徐々に気持ちを入れ替え、タヒボもプレミアムに変更し努力されています。

私たちも以前からお話を伺っていたのですが、先日、娘さまからご連絡がありました。
「父も前向きに取り組んでくれ、調子も良くなっているようです。父には、これからも頑張ってもらいます!」

頑固おやじと、そんなお父様が大好きな娘さま。お互いを想う気持ちが、力になっていると思います。
私たちも、これからもお二人を応援していきたいと思います!!

2019年7月25日

●実体験者に勝る説得力はなし

15年以上前に体調を崩され、タヒボを継続してお飲みいただいてる方からご相談がありました。
姪っ子さんが体調を崩されているので、タヒボを送ってあげたいんだけど、とのこと。
その方は、何かイベントが控えていると、飲む量を増やされたり、何種類かのタヒボを飲み分けされるなど、かなりタヒボの達人。妹さんにも分けて差し上げたりと、身近にいらっしゃる大切な方に心から健康でいてほしいという、強く優しい気持ちをお持ちの方です。

姪っ子さんは初めてタヒボを飲まれるとのことだったので、お好みや生活スタイルに合わせてご案内させていただこうと思ったのですが「いいものって知ってるから、大丈夫。私がしっかり説明するわ。体現者なんですから!」と、なんとも力強いお言葉!

やはり、実際にご自身が健康を勝ち取られた方の言葉と自信は、どんな文言より相手に届くのかもしれませんね。私たちも、その方の自信に恥じないよう、しっかりサポートさせていただきます!!!

2019年8月1日

●思い出してもらえる存在に

数年前、お母さまの健康維持のためにタヒボNFDをご購入いただいていた方から数年あけて、再びご連絡をいただくようになりました。お母さまの目が悪く、こちらからの情報誌やお手紙などを控えさせていただいていたので、サポートが行き届いていなかったのかな、と私たちもご様子が気になっていた方でした。

現在のご様子を伺うと、今回はお母さまではなくご親戚に贈りたい、とのこと。
「今は体調が心配な親戚がいるんですが。良くなってほしくて、何か送ろうかと思った時、タヒボを思い出したんです」と、数年前の印象と変わらず、優しくシャイなお方です。

大切な方に何を贈ろうかと考えたとき、タヒボの名前を思い浮かべていただけたことは、私たちにとって、とても嬉しいことです。これからも、皆さんの優しさに寄り添える存在でありたいと思います。

●新人 タヒボマスターへの道 3

昨年からお嬢様が体調を崩され、タヒボをご利用いただいている方から、先輩にご連絡がありました。
様々な健康食品を試されていて、それらとの飲み合わせなどの相談でご連絡いただいていたのですが、何度かお問合せをいただくうちに、自然療法についての話題に。
「タヒボについては詳しいけれど、自然療法なんて難しいのじゃないかしら」と、隣で私は思っていたのですが、先輩はフムフムと頷きながら、お嬢様の体調に合わせて身体を温める方法や食事療法について、生活に合わせた方法を提案されていて、お客様もとても熱心なご様子。自然食品が載っているカタログなどをこちらからお送りさせていただくと、さらにご興味を持っていただいたようで「付箋をつけて色々勉強中です!」と、改めて前向きなご連絡をいただきました。

驚く私に先輩は「タヒボをご愛用いただいている方には、自然療法についてもご興味のある方も。特に様々な健康食品を試されている最中の方は、何が合うか手探り中の方も多い。タヒボはもちろんだけど、悩んでいる方にしっかり寄り添って、色々な角度で支えられることが大切」とのこと!自分の甘さを、改めて感じました。まだまだお客様に頼りにしていただけるタヒボマスターへの道のりは遠いようです。

2019年8月15日

●秘めた思い

2年ほど前からタヒボをご愛飲いただいている方がいらっしゃいます。
お電話では、いつもお仕事が忙しいご主人に代わり、奥様が対応して下さいます。奥様はタヒボについてはあまりご存じなく、ご主人がお気に召して、毎朝ご自分で淹れて、奥様もご一緒にお飲みいただいているとのこと。
「ご主人、お忙しいのに健康維持のために、素晴らしいですね」と私たちもお話していました。しかし、お時間が合いご主人とお話できた時に伺うと、実は奥様の健康を気遣ってのことなんだそう。

「調子が悪そうだったので、試しに頼んでみたら身体に合うようだったので二人で飲んでいます。
最近は調子も良いみたいで、この習慣は続けていこうと思っています」

てっきりご主人が、ご自身のために習慣化されているのだと思っていた私たちは、そのお話を聞いて2年間のご主人の秘めた思いやりになんだか感動してしまいました。
私たちも、そっとサポートさせていただきます♪

2019年8月22日

●心の支え

15年以上、タヒボでお付き合いさせていただいている方がいらっしゃいます。
お付き合いが始まったキッカケが、お仕事も忙しい中、ご本人が大きく体調を崩されたから。現在は、数年前に定年を迎えられ、趣味に健康維持のスポーツにと、今尚お忙しくされています。お一人で生活されており、健康管理もままならないご様子で私たちも気にかかり、度々ご連絡させていただいています。

今年の夏も急に暑くなったのでお身体のご様子を伺うと、整骨院などにも通われ「なんとか頑張っていますよ」とのこと。「大きく体調を崩すこともなく、変わらず維持できているから嬉しい。タヒボを飲んでいると、なんだか気持ちも支えてもらって安定しています。気にかけてくれてありがとう」

波のある体調をしっかりコントロールし、維持できているのはご自身の努力の賜物。その努力の支えに少しでもなれているなら、私たちも嬉しく思います。

2019年8月29日

●大切な家族のために

昨年、大切なワンちゃんの体調が優れないと、イペットについてお問合せがありました。
タヒボについてご説明差し上げ、資料等も送らせていただき少し経つと、今度は「タヒボNFD まるごと」のお問合せ。飼い主の方もお飲みになられるのかな、と思っておりました。

数か月経ち、ワンちゃんのご様子と飼い主の方の感想を伺おうとお電話したところ、「タヒボNFD まるごと」はワンちゃんがご愛飲くださっているとのこと。「実は余命2か月と言われていたんです。すでに9か月経ち、奇跡のようなことだと思っています」とお話くださいました。
「イペット」は1万円代ですが、「まるごと」は2万5千円以上とお値段が高いので、別のタイプで、もう少し手軽に続けていけるものをご案内すると、「もし別の形のタヒボに変更して、少しでもお腹を壊したりすれば大変なので、このまま続けます。大切な家族なので、後悔のないようにしたいと思っています」と、とても芯のあるお言葉。

イペットというペット用のタヒボは、タヒボの香りが苦手な子用に飲みやすく香りづけされ、タヒボの容量も少なくなっているので、ご相談頂く際は、私たちも人が飲むタヒボをご案内させていただいています。

「『タヒボNFD まるごと』のご判断は素晴らしいことです」とお伝えさせていただくと共に、、大切な家族の命は、やはり何にも代えがたいものなんだな、と改めて感じさせていただきました。

2019年9月5日

●共に進むために

今年に入り、奥様の体調がすぐれず、途方に暮れてらしたご主人がご友人に相談され、こちらにお問合せ頂いた方がいます。

奥様のご様子等を伺うと、まずは何より体力の回復・温存のために食事と睡眠の質の向上が必要かと感じましたので、いくつか生活についてご提案させていただきました。
ご主人はすぐ実行してくださり、おかゆやスープなど、消化のよい食事を作って差し上げ、寝具も工夫、健康茶等、奥様のお召し上がりになりやすいものは何か考え、資料等も熱心にお読みいただき、私たちがご主人の体力を心配するほど、献身的に奥様を支えていらっしゃいました。

数か月後、ご様子を伺うためにお電話すると、変わらずご主人はご自身のことは二の次で、奥様のために一生懸命されているようですが、お声は以前よりお元気な印象。奥様もお食事に気を使われ、体力も少しずつ回復、体調の改善も実感されているとのこと。

「奥さんも少しずつ顔色が良くなってきて、僕も少しだけホッとしています。実は奥さんのための健康茶だったんですが、僕もちょこちょこ飲んでいたんです。お陰で共倒れせず、二人で頑張れています」

身近な方を心配するあまり、一生懸命になりすぎて、ご自身の体調を気に掛けなくなる方もいらっしゃいます。
しかし、側にいる方のお元気な姿も、体調にご不安がある方にとっての心の支えとなっています。
共に前に進むためにも、お役立ていただければと思います。

2019年10月3日

●団らんの中に

健康維持のためにタヒボ茶を飲もうと考えられ、飲み方などご相談いただくようになった方がいらっしゃいます。
近頃、立て続けにご注文いただくことがあり、ご家族の構成など伺っていたので、ご注文いただく量が少し多いかな、という印象。いつもお電話では明るくお元気な方、少し気になったので「量が多いようですが、何か気になる体調があるのでしょうか?」と伺うと「違うんです!タヒボ茶の良さを友達にも話してたら、友達家族も飲みたいと言うので、結局3家族で飲むことになって。

ご近所なので、私がまとめて購入してるんです。友達と、エッセンスも気になるね~とも話してるんですが、飲み合わせなども教えてもらえますか?」とのこと。

お伺いし、ほっとすると同時に、明るいお声でお友達とタヒボについてお話いただいてるお姿が浮かび、嬉しく思いました。お友達との団らんに、タヒボを加えてありがとうございます!

2019年10月25日

●中塚様より

「タヒボ茶を信じるより、坂井くんを信じる」と言ってタヒボ茶を買っていた私の体調が良くなり、友達にも勧めてみたところ、「タヒボ茶かぁ、よく知ってるよ。歌舞伎の役者さんや家元の先生方がみな、飲んでてめちゃくちゃ良いお茶やって言ってたからね」と私に教えてくれましたよ。

●伊原様より、大変うれしいお言葉をいただきました

「最高のフォローをしてくれるから、タヒボ茶を買うなら絶対ここで注文した方がいいよっ」このお言葉におごることなく、スタッフ一同精進して参ります。

●病が発覚した帰り道、見る物が光って見えた!広沢様より

広沢さんのインタビューを終えて、とても感動して、数時間たった今でも胸がじーんとあたたかいです。とても大切な事を教えて頂いて、お話を聞けた事に感謝の気持ちでいっぱいです。

大げさに書いているのではなく、本当に今日のお話は、生きていく上でずっと心にとめていこうと思う内容でした。広沢さんのすごいところは、病院でわかった帰り道に、ショックを受け不安な気持ちで帰られたのではなく、生きている事のすばらしさに見る物が光って見えたということです。

そして、病院の先生に「5年以上生きている人もいます」という言葉に“自分はその生きている人に入ろう”、当社でプレゼントした取材CDを聞いたときも、“私は、この「治る」人のうちの一人になる”と決められ、積極的に行動されていることです。

広沢さんのご主人やご両親、お友達など周りの方たちの支えや、まだ小さいお子様へ自分で何でも出来るようにしつけに気をつけていったことなど、どのお話も深い愛情を感じました。

その後玄米菜食に変えられたそうで、私は食べたいものをがまんしなければいけないので辛いのではと思っていましたが、「玄米菜食にしたら、がまんしなくても平気。甘いものが欲しくなるときは、玄米菜食がきちんと出来ていない時のようです」という事です。今私達が食べている添加物、肉類、脂なども本気で見直さなければいけない事だと思います。

また、広沢さんは、当社でプレゼントした取材CD「ありがとうが人生を変える」(※)を聞き、積極的に行動されたそうです。広沢さんのように、今ある全て、大切さに感謝する気持を持って生きたいです。気付かせてもらってお話を聞けたことに感謝です。

詳しくは会員特別版ニュースレターに掲載中!(会員様の中で、ご状況をお聞きできている方で、メールマガジンに登録している方が対象)

内容につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●健康を勝ちとって欲しい大切な社員がいる!武藤様より飲用9ヶ月

最初に、武藤様からの話をお伺いし、周りの方から沢山の支えがあることを知り、とても素晴らしいと感じました。

それは武藤様の人柄があってのものなのだと思います。 タヒボ茶 のことでお話を頂いたときも、武藤様の会社の方から、『どうしても健康を勝ちとって欲しい大切な社員がいる!』と言うことがきっかけでした。そして、会社の上司の方の熱意で、武藤様のご自宅までタヒボ茶の説明に伺いました。

詳しくは会員特別版ニュースレターに掲載中!(会員様の中で、ご状況をお聞きできている方で、メールマガジンに登録している方が対象)

内容につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●ずっと報告したいと思っていた! 吉山様より 飲用12ヶ月

男性カウンセラーから、「気になるから電話をしてみて」と言われたのが吉山様に電話するきっかけでした。その当時の吉山様の事を聞き、お電話すると吉山様もずっと報告をしたいと思っていた!という事で、タイミングがあまりにも良くとても驚きました。

詳しくは会員特別版ニュースレターに掲載中!(会員様の中で、ご状況をお聞きできている方で、メールマガジンに登録している方が対象)
内容につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●タヒボ茶のおかげです!松野様より

タヒボ茶 のおかげで、私も笑顔が戻りました。これから一生 タヒボ茶 を飲みつづけたいと思います。タヒボ茶 は私にとって強い味方です。

●いまではスキーができるまでになりました 佐々木様より

何か良いものはないかと、情報を集めていたところ出会ったのが、樹木茶「< strong> タヒボNFD 」でした。決して安価とはいえない「 タヒボNFD 」ですが、毎日欠かさず飲み続けました。おかげさまで、この冬には妻とともに15回もスキー場へ行くまでになりました。

●ずっと飲み続けていきたいと思っています! 中洞様より

タヒボ茶 は、すでに知っていたので飲むことに決めましたが、これほどのものとは思いませんでした。これからもずっと飲み続けていきたいと思っています。

●嬉しいお手紙を頂きました 富田様より

本当に信じてよかった。「6ヶ月たったら光がみえます。笑顔がみえますよ」のお言葉を信じて、毎日 タヒボ茶 を煎じながら祈っておりました。信じることは本当にすばらしいことですね。これほどに実感したことはございません。もうあと一息です。がんばります。

●中国 キョウカ様より飲用3ヶ月

この方は私(坂井正典)が中国に行ったときにたまたまお知り合いになった女性、寧暁霞さん。(彼女のことをキョウカさんと読んでいます)そのときのエピソードを交えて簡単にご紹介いたします。

左からキョウカさん(日本語担当ガイド)、坂井、中国で勉強をしている友人、英語担当ガイドさん

私は桂林というところで川下りをしようとしたのですが、たくさんの船があってどの舟に乗ればいいのかわからなかったそうです。その時にガイド役をしていたキョウカさんに尋ねたところ、日本語で親切に教えてくれたそうです。

二人はいったん別れたのですが、私が飛行機の時間まで暇をつぶそうと街をぶらぶら歩いているときに、偶然にもキョウカさんと再会したのでした。彼女 はとても親切に、私に街を案内してくれたのでした。その時にいろいろと話をして、キョウカさんがとても日本に興味を持っていること、特に京都などが好きで日本の文化にかなり詳しいことがわかったのです。お 互いにメールアドレスを交換して気持ちよく分かれたのですが、その後もメールでのやり取りをする友達として二人の付き合いは続いていました。

何度かメールのやり取りをしている中で、なかなか返事が帰ってこないこともあり、おかしいな、と思うこともあったそうですが、そのとき私はそれほど気に留めていなかったのでした。

ところがキョウカさんが日本に来たときに、初めて彼女が苦しんでいることを聞かされてびっくりしたのです。私はキョウカさんにぜひとも「タヒボ NFD」を飲んでほしいと思い、熱心にタヒボのことを説明しました。そしてすぐに彼女の日本での滞在先に「タヒボNFD」を送ったのです。キョウカさんは 私の熱意を受け止め、「タヒボNFD」を飲んでくれました。

「タヒボNFD」を飲用し、彼女からの喜びの気持ちにあふれたお礼の手紙を読んだとき、私はしばらくうれしさのあまりの興奮で震えが止まらないほどだったということです。 キョウカさんが快く手紙を公開することを承諾してくれたので、ここにその手紙を公開いたします。本当にタヒボは素晴らしいと、確信をより強くする事例でした。
(写真:キョウカさんから頂いたお手紙)

 

●大分県 岡野様 飲用5年

タヒボNFD 」のご愛飲者から「 タヒボNFD 」の普及に携わっておられる大分にお住まいの岡野さんにお話をお聞きしました。 奥様に「 タヒボNFD 」をお薦めになられたのが始まりだったそうです。岡野さんが「 タヒボNFD 」と出会ったのは5年ほど前だそうです。岡野さんは、当時ソニー生命にお勤めで、お客様がお亡くなりになられた場合に保険金をお出しするという本来の業務だけでなく、お客様の健康のためになにか良い物はないのかと常に考えておられたそうです。

それで健康食品など大概の物は本を読んだりして相当の勉強をされたそうです。
そんな中で、会社の同僚からこういう物があるよと教えてくださったのが「 タヒボNFD 」だったそうです。 その話を聞いた岡野さんは、早速きせんワールドの坂井社長に直接お電話をされ、直接会って話をされたそうです。

坂井社長は、ご自身のお母様の事で、タヒボジャパンの畠中社長からお話を聞いて、「これは役に立つ商品だ」と確信したことや、実際にお母様がタヒボ茶を飲んで良かったことを熱く語られたそうです。他にもいろんな話をしてくださり、その話を聞いた岡野さんは、奥様に「 タヒボNFD 」を薦めてみることにしたそうです。

現在は大分でお店を構えずに一人一人のお客様をご訪問になり「タヒボNFD」の良さを広めていらっしゃる岡野さんですが、いろいろとご苦労もおありのようです。それは、「 タヒボNFD 」が高価であるため、皆様その金額に驚かれるそうです。

しかし、「 タヒボNFD 」をとても信頼して下さる岡野さんは、少しでも「 タヒボNFD 」の良さをご理解いただいて人のお役に立てれば最高だと、今日も大分にお住まいの方々を訪問して頑張っておられます。

岡野さんの「 タヒボNFD 」についての感想の続きはこちら

●奈良県 宮本様 飲用18年

ご愛飲者の宮本様にインタビューしてみました-まずは「 タヒボNFD 」との出会いをお聞かせ下さい。出会いは18年前になりますね。自分でも漢方に興味があったのでいろいろ調べていくうちに、この「 タヒボNFD 」というものが出てきたんですね。

それで、『「 タヒボNFD 」は、どうやったら手に入るのかな?』と考えている時、いつも読んでいる新聞をふと見たら、「 タヒボNFD 」と書いてあった。(笑)それで、そこに書いてあるところに電話したのがきっかけですね。

-Aさんにも「 タヒボNFD 」を勧めたんですね?それを素直に受け入れてくれるなんてすごいですね。

そうですね。その後、Bさんもその後Aさんから「 タヒボNFD 」のことを教えてもらい、ご愛飲されるようになりました。 しかも、その方の旦那さんは、きせんコミュニケーションズさんからアドバイスを受けて、現在お元気で仕事をされていますよ。

-健康食品の評判についてはいろいろな話を聞きますが、どう思われますか。

これは絶対覚えていてほしい、と思うんですが、一般的に良いとされている健康食品と、決定的に違うところは、「 タヒボNFD 」はどこでも「栽培」できるものではないんですよね。アマゾンの自然が育んでくれた栄養素と自然のパワーを「 タヒボNFD 」自身が持っている。ところが、本来の原産国の材料から作ったものなら良いんだけど、違う地域の材料で作ったようなものになると、大地の恵みじゃなくなってくる。

太古からアマゾンの密林が育んだ栄養素というのが「 タヒボNFD 」の良さと思うんです。アマゾンの大河が、どんどん栄養素を運んできて、「 タヒボNFD 」を作るための樹木を育てている。そのパワーがすごいんだと思うなあ。

やっぱり、産地というか「土壌」の大切さって絶対感じますね。土壌、気候というもの。それが合わないと絶対ダメだと思うなあ。土壌があるから、栄養成分というものはちゃんとしたものが取れると思いますから。やっぱりそういうものがちゃんとしているかしていないかが、値段の高い、安いの違いになるのではないでしょうか。

僕自身、いろいろと成分について調べてみたのですけれど、「 タヒボNFD 」に関しては安心しきっているのでそれほど調べることがないんです。丁寧に研究されてるから、細かいデータが出てるでしょう。僕はこれ以上調べる事は何も無いなあと思うくらい、きちんといろんなデータが取れている。

だから、もっといろんなイベントをすると、クチコミでどんどん広がると思いますよ。

●東京都 宮川様

宮川さんは、以前より美と健康に関する商品の販売をされていました。扱われる商品はエステやダイエット関係、24時間風呂など多岐にわたります。タヒボとの出会いは、知人から「健康維持にいいお茶があるよ」と、紹介されたのがきっかけでした。宮川さんは「美と健康のために良いのであれば」と、まずはご自身でタヒボを飲み始められました。

その頃、宮川さんの経営する居酒屋に偶然「さわやか元気」という健康情報誌の出版社の方がいらしたので、「 タヒボNFD 」の事を尋ねたところ、「 タヒボNFD は非常にいいよ!」と太鼓判を押されたそうです。とはいえ、「販売するためには、まず自分自身が飲んでみないと、良さが判らない」と思い、「 タヒボNFD 」を飲み始めたそうです。そして、その素晴らしさを宮川さんはすぐに実感されたそうです。

現在、「 タヒボNFD 」を飲み始めて6-7年になるという宮川さんは、毎日超多忙な生活を続け、睡眠時間も少なく、かなり身体に無理をしておられるのですが、まったく健康だそうです。

『私は、代理店をしていますが、営業をして販売したことはありません。「 タヒボNFD 」を体験された人達のクチコミでお客さまがどんどん広がっていくのですから』とのこと。 宮川さんの娘さんがお勤めの美容室にも、「 タヒボNFD 」のポスターを貼っています。お客さまの中にはご存じの方が結構おられて、皆さん「これいいお茶よね」とおっしゃるそうです。

タヒボNFD 」ご愛飲者で美容室のオーナーの奥様Hさんは、米国の美容室におられるため、1年に一度日本に戻ってこられた時に、「 タヒボNFD 」をどっさり購入されていかれます。

以前、米国の方から、他の健康食品も勧められた際、「 タヒボNFD 」のことを伝えると、それ以上なにも勧められなかったそうです。米国でも「 タヒボNFD 」は広く認知されていると言うことですね。

宮川さんの「 タヒボNFD 」についての感想の続きはこちら

●東京都 岡田様

東京都にお住まいの岡田さんは、「 タヒボNFD 」で喜びを増やすためにサプリメントアドバイザー資格を取得!

岡田さんは、「 タヒボNFD 」の販売を始める前、百年茶という昭和天皇が愛飲されていた健康茶を販売していました。

百年茶というお茶は24種類の薬草を煎じて作られた薬草茶で、甘茶づるが入っているためか、少し甘味のある飲みやすいお茶なのだそうです。
しかし、その商品が手に入らなくなり、一時販売から遠ざかっていました。

岡田さんは以前から健康食品に興味があり、百年茶の販売は残念ながら断念しましたが、その代わりにまた何か販売をしたいと考えていたそうで、いろんな健康食品の説明会に参加したそうですが、どれもいまひとつ気がすすまなかったそうです。

そんな時、山口県の下関市で「 タヒボNFD 」の販売をしている、岡田さんの弟さんのお知り合いの女性から、「 タヒボNFD 」の販売をしてみませんかと薦められたのだそうです。

初め岡田さんは「 タヒボNFD 」というお茶について何も知識がなく、説明会もなかったので、いまひとつ乗り気になれず、送られてきた資料もしばらくそのまま放っておいたそうです。

しかし、販売をすすめる電話を何度も聞いているうち、仕方なく資料を読んでみると、「これはけっこういいなあ」と思ったんだそうです。

岡田さんの「 タヒボNFD 」についての感想の続きはこちら

●宮城県 冨長 様

母は毎日飲んでいます。 比較的飲みやすいお茶で喜んでいます。さっそく2回目の注文です。

●山口県 長谷村 様

サンプルを試してみました。本当にすばらしいものだと感じました。とてもおいしく、他の健康食品のような、飲みにくさが なく、体にすっと染み込むようでした。

●東京都 磯部 様

知人の紹介でタヒボ茶のことを知りました。書籍を読ませていただき、母もタヒボ茶をぜひとも飲んでみたいと申しまして今回注文させていただきます。

●東京都 古田 様

先月、会員になり、「 タヒボNFD 」粉末他を注文し、お世話になりました古田です。お陰様で、「 タヒボNFD 」を飲んでから、家族全員喜んでおります。

●神奈川県 新海 様

私は、仕事先で伺ってました。タヒボ茶はその時に耳にしています。この度、注文することにしました。宜しくお願いします。

●東京都 坪井 様

「 タヒボNFD 」は今までにない健康食品と聞いて是非試してみたいと思ったからです。製品の良さを実感できれば母にも 薦めたいと思っております。

●東京都 野川 様

今回はまず購入の前に、どのようなものかを目で確かめたく、無料サンプルを申し込みました。どうぞよろしくお願い致します。

●神奈川県 芦田 様

健康おたくの私が、「 タヒボNFD 」の事は全く知りませんでした。

●福岡県 荻野 様

ホームページを読んでいるだけでもすごく勉強になりました。

●タヒボ茶を飲んでびっくりしました。

会社に訪問した時に、まだ少し私の症状が残っていましたが、その日にタヒボ茶を飲ませていただいて、びっくりしました。帰りには、体が温まってお小水がよく出たからです。それ以来仕事を続けながら飲んでいましたら、まずよく眠れるようになって、毎日元気にくらしています。

 

★プレゼント当選者様からのお便り

●三重県津市  吉川様  (タヒボ茶セット当選)

この度は本当にありがとうございました。感想を報告するのが遅れて申し訳ありません。さて、感想ですが、 最初はちょっとクセのある味のお茶だなと思いました。でもホットで飲めば全然気にならず、 毎日気がついたら常に飲んでいるという感じで 大変おいしくいただけました。
それでは、これからも多くの人にタヒボの良さを知ってもらうためにがんばってください。

(スタッフより)
『オー!タヒーボ!』(ほえてまーす。)貴重なご感想ありがとうございます。本当にうれしいです。モニターの方以外で感想をいただいたのはこれが初めてです。この企画は失敗かなーと凄く落ち込んでいました。(どうしたら感想が集まるものかと悩んでいました)そんな時に喜びの声と応援のメッセージまでいただき非常にうれしいです。ありがとうございます。
P,S タヒボとは現地の言葉で「神からの恵みの木」という意味です。

●埼玉県 森 光子様(仮名)(モニター当選者)

10月26日に頂いたお便りです。タヒボ茶飲んでます~2日目。坂井 正典 様ポット、ありがとう御座いました。割れると恐いので、ガラスの蓋がついた、ホーローの鍋をつかいましたが、お母さんと明日…タヒボちゃん&食事つくりに良さそうなガラス製の片手鍋を探しに行ってきます。

我が家に来たタヒボちゃんは幸せで「赤城山の天然水」涌き水で煮だしされて、その後は、ネコちゃんが餌として食べて…萎れかけた樹木さんにあげてから… ティーバックの紙を私(娘)の湿布へ。…ずっとタヒボを信じて頑張ります。

ニャンコが欲しがり、しかも餌に混ぜても残さない。 動物は素直だし、第六感が命と確信してますので、この「神の恵みの木」を信じてがんばります。我が家は仏壇の床の間に天上があって、そこに外国の太陽をモチーフとした十二星座や月の大きな神様を祭ってます。

私はアロマテラピーやお香が好きで、買ってきたものです。・・・ちなみに、タヒボジャパンのマークに似ています。太陽は神様なんですね。 タヒボ茶大好き。

森 美穂子・光子。ありがとう。

(スタッフより)
【秋の紅葉ハイキング】は最高に気持ちよさそうですね。まずは体力を回復してさらにすがすがしい気持ちを感じるためにもこれからもがんばってください。

森さんの詳しいご感想や報告が私たちにとっても「 タヒボNFD 」を広めてきてよかったと思いますし、さらに普及に関しての勇気をもらえます。 本当にありがとうございます。(^▽^)

●埼玉県 森 光子様(仮名)(モニター当選者)

10月30日に頂いたお便りです。

坂井 正典 様タヒボ茶に知り合うちょっと前…縁あって温泉に行ってました。月夜野の遊人館(これも神秘的な湯)という所へ行く、痛みだしたので、「マイナスイオン湿布(トルマリン石)」を貼ったり、温泉に入ったりしました。

で、今回、そこに湿布させて頂きました。気持ちいいです。

スース-して、癒されるような感じで、太陽のしたに出ると、昨日付けた場所なのに…スース-してくるんです。不思議です。気のせいか、太陽が好きになりました。以前は、シミができたらとか紫外線がとか過敏でしたから…。

これは、説明するのが難しくて長いです。簡単に言うと「癒される」感じ。飲むと抵抗は、まったくありません。親が異常な位~「スーッ」と♪ 飲んでます。あの性格が…うそ、のよう。私が、ちょっと多めに作ったタヒボを朝起きたらいっぱい飲んで (?_?)

だから私の分が無いんですよ!!!ケンカになりました。母は反省して…謝り、理解して自分でつくってもらうようにしました。で、母に聞くと「飲んじゃうんだよ。 なんだか、入っちゃうよ」 不思議ですね。

森 美穂子

(スタッフより)
お返事がおそくなり申し訳ございません。 いろいろなご報告ありがとうございました。凄く毎日がにぎやかな感じがして、いきいきしてる感じが伝わってきます。
がんばりましょう!応援しています!

かわいいペットたちのタヒボ茶体験談

タヒボ茶を大切なペットたちに与えたときの体験談を掲載しています。ペットの健康維持のためにもタヒボ茶をどうぞお役立て下さい。

【Case 1】ワンちゃんも頑張っています!

ゴールデンレトリバーのレディー君

きせんコミュニケーションズのお客様ゴールデンレトリバーのレディー君(5歳)は昨年の11月からタヒボ茶を飲み始めています。11月の状態は、ひととおりの検査などを終え、その後の健康維持のため飲みたいということでした。 レディー君は粒タイプの「タヒボナフディン」を飲んでいます。 現在レディー君は毎日元気に走り回っているそうで、この結果に周囲も大変驚いておられると言うことでした。 これからも「がんばってね!レディー君」

【Case 2】我が家の猫にも飲ませてみました!

キジトラのりんちゃん

うちの愛猫「りん」にタヒボ茶を与えてみました。今までこれといって健康面で不安を感じたことは無く、健康優良「猫」といえるのですが、今年で7歳とシニアの域に入りつつあるので、これからも日々健やかに暮らして欲しいため、今回タヒボ茶を与えてみることにしました。

「りん」には粉末タイプの「タヒボNFD」を煎じたものを飲ませています。よく、猫は嗜好が激しいので、飲ませるのが難しいと聞きます。そのため強制的に与えなければならない方もおられると思いますが、ありがたいことに、無心で飲んでくれるほどタヒボ茶は美味しいようです。

与えてからの変化ですが、「りん」の健康維持にとても役立っているように感じられます。今では、我が家の「りん」にとってタヒボ茶は健康維持の決め手となっています!

【Case 3】とっても元気になりました!

家には拾ってきたマルチーズの「マル」がいます。最初は、白い毛がドロで真っ黒になり、体中を掻きむしり、皮膚が露出していて、見ているだけでかわいそうに思える状態でした。そして、とても怯えていました。

私は、水がわりにタヒボ茶を毎日与え続け、今ではこんなに元気になりました。現在の「マル」です。

【Case 4】3匹の猫の話

やたらに捨て猫を拾ってくる癖のある私は或る日、1匹の猫をつれて帰りました。十分気をつけていたつもりだったのですが、その子は体調が悪く、それを気づかずに他の2匹の猫と一緒に育ててしまいました。

(略)

猫を飼っていらっしゃる方の参考になればなによりです。

詳しい内容につきましてはどうぞお問い合せ下さい。

飲むと濃い目の尿がでて

タヒボ茶を飲んでいるのはニャン(猫)ちゃんです。

ペットにタヒボ茶!?と思われる方もいらっしゃるかと存じますが、実はニャンちゃん、ワンちゃん、ピョン(うさぎ)ちゃんなど色々な動物ちゃんも召し上がっているのです。

私がお知りしている中では、 水代わりに喜んで飲むワンちゃんもいます!今回お話しをお伺いさせて頂いた方は、4~5年飲んでいるとの事で飲むと濃い目の尿がでて、そのおかげか?健やかにされているとお話し頂きました。

煮だしタイプをご利用頂いており、調節しながら飲んでいただいております。

 

皆様からのペットたちのタヒボ茶体験談をお待ちしております。お寄せいただいた体験談はこちらのページやニュースレターなどにも掲載させていただきます。会員様にはさらに詳しい内容を知っていただくことができます。

人間と同様に動物たちが、このように タヒボ茶を飲むことで、実際に健康を勝ち取る姿を報告していただくことは、私たちにとって非常に嬉しく、また、飼い主様にとって非常に素晴らしいことだと 思います。動物たちは、痛いとか苦しいなど言えませんので、非常に辛い思いをしているかもしれません。どうぞ飼い主様には、少しでも早くからタヒボ茶を与え続けることで、家族の一員である大事なペットたちの健康維持にお役立てください。

ご要望をお寄せ下さい。

当店でお買い上げいただきますと、アフターフォローはもちろんのこと、ショッピングポイントや、その他いろいろな特典を受けることができて、さらにお得です! 詳しくはお電話にてお問い合せ下さい。

お問合せは0120-14-1417まで

ショッピングカート
タヒボ茶一覧
ルデウス
タヒボルデウス

9,720円(税込)
エッセンスタイプ
ニューエッセンス20g

9,504円(税込)
粉末タイプ
粉末タイプ

21,600円(税込)
ティーバッグタイプ
ニューティーバッグ

21,600円(税込)
ティーバッグタイプ
ニューティーバッグ63

40,500円(税込)
まるごと微粉末
まるごと微粉末

25,920円(税込)
まるごとタブレット
まるごとタブレット分包

25,920円(税込) 180g
エッセンスタイプ
ニューエッセンス60g

27,000円(税込)
エース
エース(ソフトカプセル)

27,000円(税込)
プレミアム(粉末)
タヒボプレミアム粉末

108,000円(税込)
プレミアム(タブレット)
タヒボプレミアムタブレット

108,000円(税込)

お問い合わせはフリーダイヤル0120141417まで

会社情報・特定商取引表示項目 | 個人情報保護方針
Copyright ©自然食・温熱などすべての観点で無料相談できるタヒボ茶専門店 All Rights Reserved.